本文へスキップ

スパイラル式熱交換器・化学機械プラント 設計・製作 溶接をコア技術として、各種圧力容器を製作しております。

スパイラル式熱交換器の特長・基本構造SPIRAL

スパイラル式熱交換器は、独特の形状がもたらす特性により優れた熱交換器として知られています

型式

高い省エネルギー・低温度差でも有効活用

スパイラル式熱交換器(1型)の温度条件は完全向流となり、理想的な熱回収を行えます。

・高温度効率

温度条件の厳しい熱回収では、多管式熱交換器は数基直列となります。

スパイラル式熱交換器は1基で対応できます。

・省エネルギー

プラントの使用エネルギ-を節約する省エネルギ-に貢献し、ランニングコストを削減できます。

少ない汚れ・自己洗浄作用

スパイラル式熱交換器「汚れ」は極めて少なく、多管式熱交換器の数分の一になります。

・理想的な流路用

断面形状が均一であり、汚れや詰まりの原因となる滞留部がなく、理想的な流路です。

・自己洗浄作用

流路は単一であり、仮にスケールが付着した場合でも付着箇所の

断面積が小さくなり流速が増大してスケールを剥離させます。

・スラリー対応

沈降性の固形物を含む液にも対応出来ます。

高い伝熱性能・最適設計

スパイラル式熱交換器は多管式熱交換器に比べはるかに高い伝熱性能を持っています。

伝熱部は2枚の金属板を渦巻状(スパイラル状)に巻き付けた矩形流路です。

スパイラル式状の矩形流路は多管式熱交換器の円管流路に比べ乱れやすく、高い伝熱性能を得られます。

流路は伝熱板幅と板間隔(流路間隙)を自由に選択でき、プロセス条件、すなわち流量、許容圧力損失、温度条件に最も合致した最適設計が可能です。その結果、高温・低温流体共に最適な流動状態が得られます。

容易な保守、点検

スパイラル式熱交換器のメンテナンスコストは多管式熱交換器やプレート式熱交換器に比べはるかに少なくなります。

・長期間連続運転

断面形状が均一であり、汚れや詰まりの原因となる滞留部がなく、理想的な流路です。

・省力化

分解洗浄・点検は、本体カバーを外すことにより容易に行えます。 また単一流路なので、分解せずに行う化学洗浄に最適な熱交換器です。

コンパクト

・設置面積

スパイラル式熱交換器は多管式熱交換器に比べ設置面積が数分の一になります。

・コストダウン

据付工事、配管工事、工場用地などイニシャルコストを節約できます。 SH

カタログモデル

バナースペース

本社工場

〒592-0001
大阪府高石市高砂2丁目2番地5
アクセスはこちら

TEL (072)268-1371
FAX (072)268-1367

大阪営業部

〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目19番12号
(オザワビル)
アクセスはこちら

TEL (06) 6444-0881
FAX (06) 6444-0885

東京営業部

〒104-0033
東京都中央区新川1丁目27番8号
(新川大原ビル4階)
アクセスはこちら

TEL (03) 3553-3711
FAX (03) 3553-3715